2月 11, 2024 20:17 Asia/Tokyo

イラン・イスラーム革命最高指導者のハーメネイー師は8日木曜、イランの政府職員や体制責任者、および同国駐在のイスラム諸国大使らと面会し、シオニスト政権イスラエルにより続くガザ攻撃について「ガザの災厄は人類の災厄だ」と述べました。

ガザの災厄はイスラム世界の災厄だ。

さらに言えば 人類全体の災厄だ。

このことは 現在の世界秩序が無効であることを示している。

世界の大国が 虐げられる女性や子供ではなく 犯罪者シオニスト政権を支持している。

米英や多くの欧州諸国がイスラエルを支えている。

それに追随する国も同様だ。

ガザはこうした偽りの世界秩序を明らかにした。

それは持続不可能で いずれ消滅する。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     


 

タグ