6月 19, 2024 19:51 Asia/Tokyo
  • ドイツのショルツ首相
    ドイツのショルツ首相

ドイツのショルツ首相は、国民に向けて「ウクライナ危機に深入りするつもりはない」と言明しました。

【ParsToday国際】2022年のウクライナ戦争勃発後、西側諸国はこの危機の収束に努めるどころか、ウクライナに武器を提供し、ロシアには制裁を行使することでさらに危機を煽ってきました。

こうした中、ドイツのショルツ首相は記者会見で「ウクライナは自力で国を守る能力がある」と語りました。

ショルツ首相はこの中で、「ドイツの政策は理性にもとづくもので、無謀なことはしない。欧州に秩序と安全が速やかに戻ることを求めている」と述べました。

ドイツは他の西側諸国と同様にウクライナに武器を提供し、最近は自国が提供した武器によりロシア本土を攻撃することも許可していましたが、これは大きな波紋を呼びました。

 


ラジオ日本語のソーシャルメディアもご覧ください。

Instagram     Twitter     


 

タグ